玉宝禅寺について

玉宝禅寺について

玉宝禅寺外観

当山は、明治31年札幌市中央区のすすきのに開創された禅寺であります。開創88年を記念して札幌市清田区北野に新寺を建立し本院をたてました。

本寺(本家に当るお寺)は、東海地方の名刹妙厳寺「豊川稲荷」であります。

豊川稲荷とは

本寺である妙厳寺は、今から700余年の昔、第84代順徳天皇の第3皇子たる寒巌義尹(かんがんぎいん)禅師より
6代目の法孫である、東海義易禅師によって御開創された大寺院であります。

千手観音を本尊と安置し鎮守として寒巌禅寺御感見の善神。

豊川稲荷外観

豊川吒枳尼真天を祀り通称「豊川稲荷」と呼ばれ信仰されている。

当寺はこの「豊川稲荷」分霊をお祀りして以来100余年を数え、信仰を集めております。

札幌市 水子供養 玉宝禅寺

札幌市清田区北野7条2丁目8-18 011-883-7676

Copyright ⓒ Gyokuhouji. All Rights Reserved.